住宅ローンはのんびり返済しよう

住宅ローンを組んで5年になりますが、今のところ、繰上返済をすることを考えてはいません。
繰上返済をする資金がないわけではありません。


ある程度の資産はあります。

慌てて住宅ローンを返済してしまうよりも資産運用に回した方が有利であると考えているのです。

今の住宅ローンはとても魅力的な資金調達方法です。

なぜならば、金利が今までにないくらい低いうえに長期で借りることができるからです。これは大きなメリットです。


消費者ローンには住宅に関するローンの他、教育や自動車等に関するローンがありますが、住宅ローンの金利が最も低いです。プロミスに注目が集まっています。
プロミスを成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

モビットなら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

人気なりそな銀行との上手な付き合い方をお知らせします。

自分の場合、金利が上昇してくるまでは不動産投資信託に投資をすることにしました。



不動産投資信託は不動産投資を金融商品にしたものです。

平均分配金利回りは5%強あります。
運用商品としてはとても魅力的です。

もちろん、価格変動リスクなどありますが、株式投資や外貨投資よりは価格も利回りも安定しています。

また、不動産投資でありながら、いつでも売却することができます。
自分の住宅ローンの金利は1%ですから差し引き4%の収益を得られているわけです。



この4%は大きいです。アコムのご相談に丁寧にお答えいたします。
アコムに関するお役立ち情報サイトです。

今のところ、不動産投資信託での運用残高は300万円ちょっとです。


分配金収入は15万円ちょっとあるのですが、もしも、この分を繰上返済してしまえば、1%の金利負担がなくなるだけです。

つまり、自分は繰上返済をすることで12万円の機会損失をすることになるのです。

返済資金を投資に回すことに抵抗感がある人でも、手元にある程度のキャッシュを蓄えておくべきです。

繰上返済を急いで、一方で自動車を買う時に高い金利で借入れをしていては、コストばかりかかってしまいます。

ある程度のキャッシュを残しておくことで住宅ローンの金利で、自動車が変えるということなのです。

繰上返済は、本当の余裕資金で行うべきです。


また、市場金利が上昇してきたときに考えればよいことなのです。




Copyright (C) 住宅ローンはのんびり返済しよう All Rights Reserved.